【スモールビジネス起業塾】ビジネス書を300%活用してスモールビジネスの起業で成功するためのブログ

大好きなことを副業から始めて、年収3,000万円のスモールビジネスに発展させるための叡智と実践をここに記す

『7年以内に最低一億円の個人資産をつくる ㊙資産形成術』 (著者:マイケル・マスターソン)

f:id:mori8198:20161229111928j:plain

 

 

本書のまとめ

 

Q1.7年以内に1億円以上の資産を築くには?

A1.①がっつり稼いで、②賢く運用&再投資して、③資産を築く

 

 

Q2.じゃあ、①がっつり稼ぐにはどうすれば良いか?

A2.がっつり稼ぐには、色々な方法があるので、自分に合ったやり方を生み出して、がっつり稼ぎなさい(本書には、9人の成功例が記されている)。

 

例えば、、、

・スモールビジネスに立上げ時から関わる

チームにおいて、なくてはならない能力を提供し、なくてはならない存在となり、大きな成果をあげる。立上げ時は収入ダウンになることもあるが、ビジネスが軌道に乗れば、収入アップとなることを目指す。目先の報酬よりもビジネスの成長を優先し、のちの報酬アップで回収する。

ビジネスの所有権(株式や出資)も持つことで、のちに大きな成果(キャピタルゲインなど)となることもある。

 

・自分でビジネスを立上げる。

自分に合ったビジネス、自分の才能が生かせるビジネスを立上げる。有能なメンターも見つけて、そのビジネス成功のためのコアスキルを高め、そのビジネスのセンターピン(最重要で絶対に外してはならないキーポイント)を確実にものにする。

 

サイドビジネスを立上げ、複数の収入源を持つ

サイドビジネスを小さく始めて、次第に大きくしていく。軌道に乗るまでは、今の仕事・ビジネスは継続・改善していく。サイドビジネスは、2つ、3つと増やしていっても良いし、失敗に終わるものもあるかもしれない。

サイドビジネスが本業を上回ったら、本業を捨てることを考える。

 

・有利な条件で不動産を取得する。

 

・短期トレード

                                                                                       

 

Q3.②賢く運用&再投資はどうすれば良いのか?

A3.収入増加分には極力手をつけず、運用と再投資にまわす。

 

運用はパッシブ運用(市場平均レベルの運用)よりは、アクティブ運用(市場平均以上の運用)を目指し、年間10%以上の利回りを目標とする。

運用は、複利で。

すなわち、がっつり稼いで手にしたお金は毎年、毎年、年利10%以上の投資対象に積立ていく。

 

投資対象は、既存の投資商品(株や投資信託など)でも良いし、不動産や自分の会社、他人の会社でもよい。

不動産や自分の会社、他人の会社への投資・再投資では積極的に投資対象に関わることで利益率を高めることを目標とする。これらの投資対象の価値を高めるスキル・能力があれば、桁外れの利回りを作ることも可能である。

 

 

Q4.①がっつり稼いいだり、②賢く運用&再投資にするための土台となる「自分に最適なビジネス」はどう選べば良いか?

A4.才能とビジネスの相性から探る。(本書の244ページから248ページ)

 

具体的には、、、

 

【才能】

自ら行動する才能、

売る才能、

積極的である才能、

大きく考えられる才能、

几帳面である才能、

頭がいい才能、

人を惹きつける才能、

策略家の才能、

仲介する才能、

強く押す才能、

まとめ役の才能、

芸術家の才能

 

【ビジネスとの相性】

サービス業

○:自ら行動、売る、仲介、強く押す、惹きつける

×:頭がいい、策略家、大きく考える

 

フリーランスコンサルタント

○:自ら行動、頭がいい、大きく考える、芸術家

×:強く押す、惹きつける、売る

 

製造業

○:自ら行動、まとめ役、大きく考える、仲介、強く押す

×:積極的、芸術家、惹きつける、策略家

 

情報出版

○:自ら行動、大きく考える、積極的、まとめ役、仲介

×:几帳面、芸術家、頭がいい

 

インターネット販売業

○:自ら行動、大きく考える、積極的、策略家、芸術家、強く押す

×:まとめ役、頭がいい、売る

 

フリーランスのセールスライターやグラフィックデザイナー

○:自ら行動、積極的、頭がいい、仲介、売る

×:惹きつける、大きく考える、芸術家、策略家

 

 

Q5.最終的に7年間でどれくらい稼いで、どれくらいで運用すると、どれくらいの③資産を築けるのか?

A5.成功するための数字を確認する。(本書の52ページから54ページ)

 

7年間、毎年、毎年、投資して複利運用する場合、

 

・ゴール1億円のケース

年利10%で年960万円を投資、

年利20%で年650万円を投資、

年利30%で年440万円を投資、

年利40%で年300万円を投資、

年利50%で年210万円を投資

 

・ゴール3億円のケース

年利10%で年2,880万円を投資、

年利20%で年1,940万円を投資、

年利30%で年1,320万円を投資、

年利40%で年900万円を投資、

年利50%で年630万円を投資

 

・ゴール5億円のケース

年利10%で年4,800万円を投資、

年利20%で年3,230万円を投資、

年利30%で年2,190万円を投資、

年利40%で年1,500万円を投資、

年利50%で年1,040万円を投資

 

・ゴール7億円のケース

年利10%で年6,710万円を投資、

年利20%で年4,520万円を投資、

年利30%で年3,070万円を投資、

年利40%で年2,100万円を投資、

年利50%で年1,460万円を投資

 

・ゴール9億円のケース

年利10%で年8,630万円を投資、

年利20%で年5,810万円を投資、

年利30%で年3,940万円を投資、

年利40%で年2,700万円を投資、

年利50%で年1,870万円を投資

 

 

 【本書の総括】

結局は、がっつり稼ぐことが重要。

稼いだお金は運用・再投資に回すことで、資産が築かれていく。

 

がっつり稼ぐには、自分で(サイド)ビジネスを始めて、育てることが重要。

なんのビジネスをやるかは、自分の才能や経験、人脈、好き嫌いなどから導き出す。

 

 副業的に少しづつ育てていき、2つ、3つと収入源(ビジネス)を増やしていく。

 

資産を築くには、「投資金額」を増やし、「利回り」を高め、「時間」をかけることで達成させる。

 

資産額=投資金額×利回り×時間

 

 

実践

※以下のQを自分に当てはめて考えてみてください。

 

Q.上記を踏まえ、自分は何をするか?

 

まず、いろいろなビジネス成功に共通する才能である「自ら行動する才能」を高める。

自分発で行動やプロジェクトを起こし、実現していく。

 

 

Q.自分の才能は何か?自分に合ったビジネスはなにか?

 

次に、他の才能として、「頭がいい(多分?!)」「大きく考える」が結構当てはまり、「策略家」「まとめ役」「芸術家」などもやや当てはまる。

 

これらの才能と最も相性の良いビジネスは、ずばり「フリーランスコンサルタント

逆に、最も相性の悪いビジネスは「サービス業」。

その他は、まちまちのビジネスという整理になる。

 

 

Q.選んだビジネスをどのように展開していくか?

 

これらを踏まえ、どう、「フリーランスコンサルタント」として展開していくか。

 

これまでの自分の経験と好き嫌いを混ぜ合わせると、いろいろな方法が考えられる。

例えば、、、

・本やビジネスが好きなので、ビジネス書のまとめと有効活用術のコンサル

・スピリチュアル分野も好きなので、スピリチュアルの知識の整理と有効活用術のコンサル

・コンサルは対面や個別対応の場合は時間と場所の制限が大きいため、オンラインやネット経由で行い、多くの人の共通課題を中心に進める

 

 

Q.当面の目標と活動のベンチマークは何か?

 

いくつかのサイドビジネスを作っていき、まずは、本業の収入を超えることを目標にする。

サイドビジネスで稼いだお金は、同じビジネスに再投資して、量と質を高めることに注力し、その分野で突き抜けることを目指す。

 

当面の活動のベンチマークは、

1)ブログなどでのコンテンツ投稿数

2)コンテンツに対する「いいね」などのレスポンス数、お気に入り追加などのレスポンス数(コンテンツの質が良い、広まっているかどうかの評価)

 

結果と改善活動

※ ※ ※ ただいま実践中 ※ ※ ※

 

 

商品の説明

想像してみてください、、、

太陽が昇るとともに目が覚め、気分は爽快。新しい1日をスタートする意欲が湧いてくる。10分間ストレッチをした後でシャワーを浴び、自転車に乗ってオフィスに向かう。熱いコーヒーを持って椅子に座り、パソコンの電源を入れ、キーをたたいて売り上げを表示させる。寝ている間に、5,000円の新たな注文が160件(80万円)と、既存客からの12万5千円のバックエンド注文が8件届いている。トータルで180万円。

悪くない1日でしょう。あなたが寝てる間に、こんなに大金が稼げていたらどうですか?そりゃあ毎日が楽しくなり、あなたが自由になる時間もたくさんできれば、家族と過ごしたり、ジムや趣味など好きなことがやりたい放題。公私ともに充実した人生を歩むことができると思いませんか?さて、これは何の話だと思いますか?本書で紹介する方法を真似したときに手に入れられるのが、こんな毎日です。

 

なぜ、一部の人は短期間で

収入を飛躍的に増やすことができるのか?

 

成功するためには何かをしたり、今の状況を変えたりする努力が必要だと多くの人が思っているでしょう。ですが、ほとんどの人は何を、どうすれば良いのかが、わからないのが現実ではないでしょうか?その証拠に、多くの人が、色んなことに手を出しますが、結局は現状から抜け出せない人がほとんどです。なので、いつまでたっても将来の不安が頭から離れません。

それとは反対に、一部の人は非常に短期間でお金を稼いでいます。彼らは偶然お金持ちになったのでしょうか?実際にはそんなことは、ほとんどありません。彼らは成功にたどり着くために何が必要かを知っていて、それを正確にやりとげただけなのです。ここからが重要です。

やるべきことがはっきりとわかっていれば、努力をするのは簡単です。それを実行すれば、必ず結果が後からついてくるんですから。では、具体的に何をすれば、必ず成果が出て収入を増やすことができるのか?その秘密を公開してくれるのが、著者のマイケル・マスターソン。

マスターソンは、少なくとも50の独立したビジネスを、自分で、あるいは人と共同で起こした。それは、転売、卸売り、製造、輸出入、情報出版や各種のサービスなど多岐にわたります。

扱った商品は、家、自動車、オフィス家具、テレビ、時計、香水、模造宝飾品、雑誌、ニュースレター、特定分野のレポート、書籍、セミナー、会議、展示会、栄養補助食品、販促戦術、クラブの会員資格、とにかく何でもです。そして、それぞれのビジネスから彼は多額な収入を得ました(つまり、彼のやり方は業界や業種を問わないということです)。

 

あなたはお金持ちになるまで

何年待てますか?

 

「あなたはお金持ちになるまで何年待てますか?」この質問をマスターソンがすると、パーティーやセミナーなど、どこでしても同じ答えが返ってきたそうです。40年かけてもいいという人は皆無。30年という人もほとんどいないそうです。そして、、ほとんどの人はできるだけ早くお金持ちになりたいと 思っており、「待てる」のは約7年だということを彼はつかんでいました。

もしかすると、倹約して、長く貯めていけば、お金持ちになることはできるかもしれません。ですが、そんなに誰も待てないのです。当然のことですが、ほとんどの人は何十年も待てないし、できるだけ早く自分が望むお金を手に入れたいと思っているのです。

実際、マスターソン自身が億単位の資産を1回つくるのにどのくらい時間がかかったか?1回も7年以上かかったことはありませんでした。事実、ほとんどの場合は3、4年で実現していたのです。

なので、お金持ちになるのに10年や20年も待てない(待ちたくない)ならば、本書を手にするのは適切な選択です。この本で解説している方法は、7年以内に最低1億円の個人資産を得るための、実績があり、効果が確実で、極めて現実的な方法だからです。

この方法は、マスターソンがこれまで提案してきた大金を稼ぐプログラムを、読者がさらに加速化できようにまとめた速攻版です。なので、この方法を正確に真似すれば、最短で億単位の資産を築くことができるでしょう。

 

あなたのお金を増やす3つの方法

 

蓄財には3つの要素があります。投資期間、投資額 、投資収益率(ROI)です。理論的に言うと、お金持ちになるには3つの要素のうちどれか1つを増大させる必要があります。だとすると、7年以内に億単位の資産をつくるためには、理論上、少ない投資額で非常に高率の収益を得るしか方法はありません。

例えば、夫婦の年収の合計が700万円だとします。もし、毎年その10%、つまり70万円を投資に回すとしたら、7年で1億円にするためには82%の投資収益率(ROI)が必要です。残念ですが、現実にはそんな高いROI の投資は存在しません。

ほとんどの証券会社、銀行やファイナンシャルプランナーは、期間にかかわらず6~8%を超える ROI を実現するのは不可能だと言うでしょう。それ以上15~20%のROIでも、70万円を7年で1億円にするには到底無理です(しかも、こんな高いROIでは、当たり前ですがリスクはとんでもなく高いでしょう)。

利回りがよくても何十年も待たなければならないのです。より高い ROI を得ることは有効ですが、絶対に必要なのは収入を飛躍的に増大させることです。

 

では、どうすればあなたの収入を最短で

増やすことができるのか?

 

例えば、あなたの給料が平均以上に上昇したとしても、あなたの望む億万長者の生活を、許容できる期間内 に実現することは到底無理でしょう(毎年の昇給なんてしれてますしね)。貯蓄や一般的な投資はもちろん、職場で徐々に出世することでその目標を実現するのは、不可能ということです。

マスターソンも同じでした。当時、彼の唯一の収入は給料だったので、働き方をすっかり変えなければならないことは明白でした。そこから、今までのすべての過程、つまり、お金持ちになると決めてから億万長者になるまでにかかった期間は2年もかかりませんでした。

初めのうち、マスターソンがビジネスで行うほとんどの試みは失敗しました。ですが、経験を積むにつれて打率は向上。ついには新規事業の成功率は約70%にも達しました。そして、彼が関わって成功した事業の少なくとも半分は、数億円の利益を生むものに成長したました 。そのビジネスの1つは約20億円という高収益を上げ、20年たった今もなお好調です。

マスターソンは自分の成功や失敗から学んできましたが、自分の経験から学べないことは知人の経験から学びました。得た知識のすべては友人や仕事仲間に教え、彼らは マスターソンの後を追ってお金持ちになりました(中にはマスターソンよりはるかに裕福になった者もいます)。それらをまとめたのが、本書『7年以内に最低1億円の個人資産を作る「㊙ 資産形成術」』です。

なので、経済的自立を果たす、つまり働かなくても快適なライフスタイルを楽しめる(そのうえポケットには死ぬまで誰にも自由を邪魔されないだけのお金がある)ということがどんな気分か、ほんとうに知りたければ、この本に書かれたアドバイスに従ってみてください。

この本に書かれていることは(アドバイスや具体的な提言1つに至るまで)すべて、マスターソン自身や彼の知っている人物が実際に行って成功したことです。

なので、「お金の不安をなくしたい」「何かを変えないと、残りの人生のほとんどを働いて過ごさなければいけなくなる」「定年までに時間がないので、最短でお金持ちになりたい」といった不安があって、できるだけ短期で収入を飛躍的に増やしたいなら、この本はまさにあなたにピッタリです。

その内容の一部を紹介すると、、、

 

目次・章立て

FOREWORD
達成可能な成功への道
目的地にたどり着くためには何が必要かがわかる…001

INTRODUCTION
7年で百万ドル
悠々自適な暮らしができる資産をつくる…004

お金持ちになるまであなたは何年待てるか?…005
蓄財の要素のどれか1つを増大させる…007

第I部
7年で億万長者になる
それはほんとうに実現可能なことなのか?

CHAPTER 1
目標
何度も短期間で百万ドルを達成したマイケルの物語
第一歩は優先順位を付けること…019
最優先事項にずっと集中し続ける…020
どうしたら収入が飛躍的に増えるかを考える…021
こうと決めた道を迷わず進む…023
最初の百万ドルを得るきっかけ…024
臆病な起業家としてスタート台に立つ…026

CHAPTER 2
羅針盤
資産をどうやってつくるかの基本
押しの強さで答えを引き出すセールスの天才…031
粘り強さと聡明な頭脳を兼ね備える最高のメンター…033
誓いこそ、経済的自立への第1歩…035
資産はどれくらいあれば十分か?…038
7桁の富の4つのレベル…040
百万ドルあれば、どんなライフスタイルが実現するか…043
あなたに必要ライフスタイルが、250万ドルだったら…044
さらなるレベルを目指す――550万ドルをベースにした生活…047
900万ドルの資金から生まれる究極のライフスタイル…048
毎年33万ドル以上を投資できなかったら?…052
収入のどれぐらいを貯蓄するべきか?…055

第II部
8つの
サクセスストーリー
進む道の先に富が待っている

CHAPTER 3
一会社員から
万長者に
どん底から復活したオードリー・マクスウェルの物語
マイナスから百万ドルまでの道のり…064
将来の財務状態に責任を持つと決意したきっかけ…070
あなたがオードリーのやり方を取り入れるには…073
どうしたら会社の持ち分を経営者から獲得できるか…075
交渉で、欲しいものを手に入れるために、考慮すべきこと…083
オファーの見直しによって売り上げを急増させる…085
顧客との関係が始まったら、バックエンドを確立すべし…087
不動産の購入は場所と時を考慮して決める…089
引退しても悠々自適に暮らすためのマネープラン…094

CHAPTER 4
販売のスキルを力に
バックエンドを活用したアラン・シルバーの物語
報酬よりもビジネスの成長を最優先する…100
経営に乗り出したアランがぶつかった大きな壁…101
ライバルとの差別化を図る…107
アランが手に入れた、ほんとうに豊かな生活…109
ビジネスマンのアランが、短期間で億万長者になれた理由…111
支援してくれる人のリストをつくる…113
フロントエンド――目に見えない黄金のカギを見つけるには…119
バックエンドのマーケティングを成功させる秘密…123
優れた従業員を優遇する…126

CHAPTER 5
成功の基盤は
電話セールス
起業の虫ブルース・バッファーの物語
富とは何かに思い至ったとき、価値観が大きく変わった…131
巨大な富につながる可能性を見つける…132
ブルースが手に入れた百万ドルのライフスタイル…135
ブルースが成功できた6つの秘密…136
次の目標はもっと面白い…139

CHAPTER 6
破産からの復活
熱心さで活路を見出したジャスティン・フォードの物語
給料のいい会社を辞めざるを得なくなった理由…142
アドバイスを無視したジャスティンは大きなミスを犯す…143
セールスライティングの道に光明を見出す…145
新しい商品のアイデアに胸を躍らせる…148
不動産投資の世界へ飛び込むと決めた理由…153
自動的に収入を生み出すマシンを構築する…157
ジャスティンの経験から学ぶべきこと…158

CHAPTER 7
家具販売で財を成す
現代のアメリカンドリームを実現したケン・モリスの物語
ケンが発見したビジネスの秘密…166
ビジネスをする中で、優良不動産が増えていった理由…168
相乗効果を生むサイドビジネスへの進出…169
ケンが成功できた5つの要因…171

CHAPTER 8
ライティングで稼ぐ
セールスライターで百万ドルを目指すモニカ・デイの物語
救いは、ずっと忘れていた手紙から生まれた…174
初めてのクライアントを獲得する…175
たった2年で数十万ドルの収入を得る売れっ子に…177
フリーランスのセールスライターを目指す人が知っておくべきこと…180
セールスライティングの達人は、いかにしてその地位を得たか…189
販売とマーケティングの秘密を効率的に学ぶ…197
百万ドルを目指すモニカの計画…201

CHAPTER 9
学位より大事なスキル
医師からマーケティングの専門家へ転身した
デイヴィッド・ケラーの物語
デイヴィッドに舞い込んだ問題解決のチャンス…203
自分の力でチャンスを引き寄せる…205
ビジネスを新たな段階に進める…207
情報出版ビジネスで成功するための学び…208
患者数を飛躍的に増やすキャンペーンのテクニック…210
秘訣を共有することで、相互利益が生まれる…214
医師としての多忙な現実から、自由と富のある生活に…216
お金持ちになるためのビジネススキルをマスターする…218
最良の人間関係をメンターとの間に築く…224
数百万ドルの資産を築いたもう1つの収入源…226

CHAPTER 10
会計士から富豪に
平均的な会社員が、400万ドルの
資産を築いたブラッド・ソロモンの物語
ビジネスの1年目――2つの重要なスキルを学ぶ…229
強力な支援ネットワークの始まり…231
ダイレクトマーケティングを使って、ビジネスの成長を加速する…234
何よりも顧客の満足に焦点を合わせる…237
資産形成の基盤づくり――2つ目の会社を設立する…238
ブラッドが成功できた要因…242
並外れた成功をもたらした「6つの賢明な行動」…243
自分に最適なビジネス分野を選ぶ…244
優れたメンターを見出せば、成功へのショートカットとなる…251
クライアントから高い信頼を得る…255
成功した人々と意味のあるネットワークをつくる…257
パートナーシップを利用して会社の未来を築く…260
サイドビジネスを始めて第2の収入源をつくる…261

第III部
行動する理由
なぜ、すぐに動き出さなければならないか

CHAPTER 11
豊かな引退
状況は変わった! ベビーブーム世代こそ起業すべし!?
引退後が不安なのは、あなただけじゃない…268
国の支援に頼らない基盤をつくる…271

CHAPTER 12
準備はそろった
短期間で富を築くことについて何を学んできたか
白紙状態からインタビューをスタートした結果…274
あなたが夢見るライフスタイルが、手の届くところにあったら…276
成功するための数字を確認する…277
本書を読み終わったあなたは、何をするだろう?…279

AFTERWORD
資産形成3つの秘訣
あとがきに代えて――私が学んだことのすべてを語ろう…282

資産形成の第1の秘訣――アクティブな蓄財方法を選ぶ…283
資産形成の第2の秘訣――収入を飛躍的に増やす…284
資産形成の第3の秘訣――適切な投資手段に働きかける…285

 

90日間保証

今日、この本を試してください。もし内容が気に入らなければ、今日から90日以内なら無条件で返金します。本に書き込んでいても、折り曲げていてもOKです。電話一本、メール一通頂ければすみやかに対応します。

 

通常、出版業界には保証なんてものはありません。本を読んで、内容が気に入らなかったら、返品してお金を返してもらう、なんて事はどこの本屋でも出版社でもやっていない事です。でも、私たちはこの常識を破ることにしました。

 

思うに、これ以上の保証はないと思います。出版業界の人が聞いたら、バカだと思われるかもしれません。でも、私たちはそうは思いません。理由は簡単です。本の内容に本当に自信があるからです。役立つ良い本だったら、返金しようなんて思いませんよね?

 

でも、そこがポイントなんです!つまり、本当に役立ついい本じゃない限り、私たちのビジネスは成り立たないのです。実際この本を手にとってみて、読めば納得してもらえると思います。

 

もし読んでみてしっくり来ない…あるいは、使ってみたけどイマイチだった、あるいは読みきれそうにない、など、理由は何でも構いませんが、手元に置いておきたいと思わなければ、90日以内に知らせてください。本を送り返してくれれば、全額、無条件で返金します。これならあなたにリスクはないはずです。圧倒的に優れた知識、価格を大きく超える価値が手に入ることをお約束します。これが私たちの「満足保証」です。

 

今すぐ右のオレンジ色のボタンをクリックして、90日間のお試しを知らせてください。

 

 

著者紹介

マイケル・マスターソン

年商100億円以上の会社を2社、50億円以上の会社が2社、10億円以上の会社を10社以上保有、ダイレクト・レスポンス・マーケティングの世界で屈指の実積を誇るスーパー起業家。

その事業構築手腕は多くの起業家、マーケッターから高く評価され、推薦文等を書くことがないジェイ・エイブラハムが本書に序文を寄稿するほど。コンサルタントとしての経験も豊富で、情報出版、投資アドバイス、健康・栄養、バー、レストラン、店舗用家具、美術品販売、塗装、大工、プール建設、広報、キャリア開発、宝飾品、香水・化粧品、装身具、ベビー用品、カセットテープ講座、雑誌、ニュースレター、本、不動産開発、賃貸不動産管理、スポーツ・フィットネスなど数々のプロ ジェクトを成功に導いている。45万人の会員を誇るメールマガジン「Early to Rise」の発行人でもある。